青汁の成分と効果

青汁ってどんな飲み物?青汁の効果・働きについて

青汁の成分と効果について

多くの青汁は、主に3種類の野菜をベースにして作られています。まず一つめがケールです。ビタミンB、ビタミンC、βカロテンという、抗酸化作用に優れた栄養素を持っています。抗酸化作用が強いと美白、美肌への効果があり、アンチエイジングが期待できるそうです。さらにケールはメラトニンを含んでいて、これは質の高い睡眠を導いてくれるそうです。

 

他にもケールは免疫力を高める効果があるそうで、花粉症の症状緩和に期待が持てます。またケールは苦味が強く、一般的な青汁のイメージを作っている野菜と思われます。

 

メインのもう一つが大麦若葉です。鉄、アミノ酸、クロロフィル、SOD酵素などの成分を持っています。鉄はもちろん貧血の改善へ効果を持った成分です。クロロフィルとSOD酵素はニキビ、シミ、しわの減少のアンチエイジングに効果が期待できます。また大麦若葉はケールと比べてあまり苦味などが無いので飲みやすい野菜のようです。

 

そして最後のメインは明日葉です。ケール、大麦若葉に比べてあまり聞きなれない野菜ですが、ビタミンE、ビタミンB群などの栄養素を含んでいます。さらに明日葉にはカルコンという成分が含まれています。カルコンには体の中にたまっている老廃物や毒素を排出してくれる効果と、血糖値を下げる効果があるそうです。

 

またメインの3種類の野菜には全て食物繊維が含まれているので、血液がサラサラになることや便秘の解消に役立つようです。青汁はこの3種類の野菜をメインに、味を整えるためにハチミツなどが加えらることがあるようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る